2017年09月08日

インド映画を観よう!その2_『PK』

1年と半年ぶりにインド映画レビューです。
別に観ていなかったという訳では無いのでご安心下さい。

今回紹介するのは『PK』
ジャンルはSFコメディとなっていますが、SF要素は主人公が宇宙人であることだけ、
あと内容がアレなだけあって最初の注意書きには笑いました。
同じ監督、主演の作品は「きっとうまくいく」がありますが、私はこっちが好きかな?
主演は「チェイス(Dhoom 3)」のアーミル・カーン(耳が特徴的)




 
 
この映画の内容を書くにあたり、
冒頭のこの文章だけは載せないといけません

PDVD_348.JPG

本作はフィクションであり
いかなる個人、団体、宗教も
傷つける意図はありません


PDVD_352.JPG

冒頭から巨大なUFO

PDVD_353.JPG

そこから降り立った一人の全裸の男
彼は宇宙の他の星に人間がいたという事を知り調査に来た宇宙人

降り立った地でいきなり宇宙船を呼ぶためのリモコンを奪われてしまいます

場所は変わって
ある二人の男女が偶然出会い恋に落ちるも

PDVD_356.JPG

女性:ジャグーはインド人
男性:サルファラーズはパキスタン人
お国柄許されざる恋となり色々あって破局してしまう・・・

失恋のままインドに戻ったジャグーはTV局で働く中
偶然謎のヘルメットおじさんと出会う

PDVD_361.JPG

彼は電車に乗っている人にチラシを配っているのだが
そこに書いてあるのは

PDVD_362.JPG

「神様探しています」

興味を持ったジャグーは彼の話を聞き
言葉も分からないまま車に轢かれて
とある人に助けてもらって
(助けた人がひき逃げ犯、覚えてないからラッキー)

PDVD_365.JPG

色々あって女性の手を6時間握って
この国の言葉を覚えたという

そんなバカな話があるか!と呆れたジャグーは、
精神的な病気を心配して助けてあげるからと名刺を渡す。

PDVD_371.JPG

が、この時話してもいないことをこのおじさん=PKが言うもんだから
半信半疑のままPKの面倒を見ることにする。

その時に出会ったおじいさん

PDVD_372.JPG

「妻が病気になって入院費用1万ルピー必要であと500ルピー足りないから貸してくれ!」
気前良く500ルピーを差し出し、チップも必要だと100ルピー渡す。
それを見たジャグーは「詐欺だよ、気づかなかった?」
それに対しPKは「うん、知ってるよ」

彼は夫婦で高級レストランで食事中だった、
質素な生活をし、コツコツ貯めたお金での初めての贅沢だった。
だけど奥さんが最後にデザートを注文したから予算オーバーしてしまった。
だから外に出て人にお金を借りようと旦那は声をかけていたんだ。


PDVD_375.JPG

PKは手を握ることでその人の考えていることを読むことができる。
PKが言っていることがすべて本当だと知ったジャグーはPKに協力することにする。


(ここでインド映画特有の休憩)

ここで大体1時間半、この映画は2時間半の映画なので中間部分で休憩タイムがはあります。
まじで!

さて、宇宙人のPKが探しているリモコンは導師が持っている。
だから返してもらうようにPKと導師の意見交換が始まります。

第1ラウンド
【問】
全身不随の妻がいて医者も匙を投げてしまった。
どうしたらいいのでしょうか?

導師「2千キロ離れたところの寺院に行き神に祈ることです。」
対して
PK「人は死んだら神様のところに行く、だから今は奥さんの世話をして一緒にいるべきだ!」

第2ラウンド
【問】
PKからの挑戦状
彼らの宗教分かる?神様に聞いてみてよ!

PDVD_380.JPG

PDVD_382.JPG

導師「左からヒンドゥー教、キリスト教、シク教、ジャイナ教、イスラム教」

PK「左からシク教、イスラム教、ジャイナ教、キリスト教、ヒンドゥー教」

宗教なんて外見次第さ、服を交換しただけだよ!

色々と御託を並べるPKに対し導師の信者であるジャグーの父親は
「お前は地獄に落ちるぞ!」とまで言ってしまうが、
PKはここでもひらめいた!
「ニセの神様は恐怖で支配しているんだ!」

だからここで試験期間中の大学に行きあることをする。
恐怖ビジネスをするために!!

PDVD_389.JPG

まずは設備投資(そこらへんの石を置いただけ)

PDVD_390.JPG

次に資金投入(財布のお金を置いただけ)

PDVD_392.JPG

最後に除幕式(赤い塗料を塗っただけ)

PDVD_394.JPG

するとどうでしょう?

PDVD_395.JPG

地面にひれ伏してまで拝む学生が現れる始末!
もちろんこの仕掛けは一切神様関係なく、ニセの神様=PKが仕組んだにもかかわらず学生たちは列を成して拝みお布施を置いていく

PK「ニセの神様は恐怖ビジネスをしているってのが分ったかい?」

PDVD_397.JPG


最初はPK一人から始まった神様や宗教に対する疑問が多くの人に伝播していき、
それがテレビ局に集まったことでジャグーの企みが成功していく

クライマックスは導師とPKによるテレビ討論会
ここはみなさん自分の目で確かめていただきたい!!
最後にここまでスカッとする映画は久しぶりでした。

ちなみにインド映画特有のダンスシーンはほとんどありません
(最近インド人も飽きてきた演出のため)

最初に注意書きがあるにしても、ここまで宗教に分け入って大丈夫なのだろうか?
監督の生命が心配になります。(笑)
ラベル:映画
posted by MaRio at 20:58| Comment(0) | レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください