2010年09月23日

静岡漫遊記

と、言うわけで
静岡ガンダムとロボットと美術展観てきました。

P1010857.JPG
<途中見つけたケツアンカー>


先にロボットと美術展の方へ

P1010860M.jpg

美術館入り口からこんな感じ
誰もがイメージする『ロボット』というのをはじめに持ってくるあたり
かなりこの美術展は期待できます。

しかし、
当然のことながら撮影できるのはこのスペースのみ
展示場内は撮影禁止
なので内容の抜粋
<序盤>

・無機質な人型とは
・元祖ストパン
・物語としてのロボット

今から半世紀以上前、古くは紀元前まで遡り
ロボットの歴史を紐解いていきます。
(俗に言うキチガイ的な内容なので注意)

<中盤>
・鉄腕アトムやウルトラQ
・白黒放送からカラーTV

1stガンダムとかイデオンとか昭和を代表するロボットたち
その頃に作られた雑誌の未来予想図とかかなり興味深い
そして初稿のキングジョーの格好良さは異常だった

<終盤>
・現代へとつなぐロボット
・ガヤラカかわいいよガヤラカ
・浅井ミク
・角→曲面へ

中盤からと同じ流れ
現代を象徴するロボットとして核汚染に対抗する防護服に始まり
等身大テムジン、あとはガンプラなどの展示
そしてヒューマノイドへと続く
今でもワクワクが止まらない、たまらない美術展です。

これは11月7日までなのでお早めに


かなり満足したあと

静岡ガンダムへ

P1010875.JPG

ロボ美じゃないけど、
ガンダム放送当時にこの写真を持っていったらどうなるのか気になる。

P1010873.JPG

まあちょっと目が残念ではあるが・・・

P1010884.JPG

だけど後姿は太陽の逆光のおかげか
かなり格好良い

せっかくだから足元でパシャリ
P1010880M.jpg


近くのガンダムカフェ出張所でガンダム焼きの列に並んでたら
丁度よく(?)噴射タイム

P1010886.JPG

だけどBGMはガンダム(ララァのシーン)〜ガンダムOOへ

奥のパネルには正しくガンプラの歴史

P1010890.JPG

ガンプラの歴史展示もあったのでそちらも覗く事にした。(重要:有料)

P1010894.JPG

中ではリアルサイズコアファイターが鎮座
他にも電穂でみた作例やらレッドホークやらが展示されていました。

P1010893.JPG

P1010895.JPG

1/12もあったけど、隣のインパクトがすごい
ん?
神姫サイズだ

P1010898.JPG

ついでに逆スケールの32/1ミニ四駆もあった

P1010897M.jpg

だがしかし俺はボンボン世代



何はともあれ
かなり充実した静岡でした。

次回予告

P1010906.JPG

posted by MaRio at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック